公共施設の保全維持管理システムソリューション
パブリックプランシリーズ

時代はスクラップ&ビルドからリニューアル&マネジメントへ

公共施設の情報全般をトータルで管理。
公共施設・設備の長寿命化を適正予算で実現する体制作りをサポートします。

自治体の皆様、耐震改修以降の長寿命化事業に対する取り組みや中長期事業計画実現への目途は立っていますか?

公共インフラの総合管理計画以降、部局単位で毎年立案する必要がある具体的な「実施計画」と「計画保全への取り組み」に関し、実運用し続ける業務体制作りに不安のある方はこちら

長寿命化時代の施設保全について詳しく読む

長寿命化時代の施設保全について

昔から事後保全モデルによる新増改事業優先のスクラップ&ビルドを続けて来た施設の維持保全には、このような問題が山積みです。

  • 既存施設や設備の老朽化劣化問題
  • 耐震・免震、バリアフリーなどの機能(機能)改善問題>
  • 事業実施の法令順守(コンプライアンス)、実施説明(アカウンタビリティ)
  • 税収減による事業予算のひっ迫
  • 組織縮小、再編に伴う担当業務のマンパワー不足
長寿命化事業実施に向けた準備は万全ですか?

老朽化の進んだ施設を今まで通りに事後保全し続けようとすると、都度莫大な費用が発生し、現在の厳しい財務状況から、将来に渡り事後保全に予算を割り当てるだけの従来型意思決定手法や事務手順そのままで、すべての施設を維持、更新することは困難になっているかとは思います。

事後保全を計画保全へと切り替え、必要な対策を適切な時期に効率的に行い、予算の適正な執行目指した「長寿命化を基本コンセプトとした維持修繕事業」への取り組みが必要不可欠です。

総合管理計画から部局個別の実施計画へ、適正な長寿命化施策が必須です。

パブリックプランシリーズは管理担当職員の作業のみで部局を超えた「施設維持管理情報管理」から、その情報を有効利用して長寿命化向けの中長期事業計画立案までを、一貫した業務コンセプトに準じ、ご担当様の作業のみで簡易に実現します。

また、その成果は今後補助事業の主流施策となる「長寿命化(改修)」向けの中長期事業計画立案を可能とし、自治体様の事業予算規模に見合う適正な財政施策が展望できるようになります。

本システムの特長

全庁データを一括管理

WEBシステムで施設台帳・各種ドキュメント群を全庁何処からでもラクラク管理

維持保全データ蓄積

基本台帳や関連ドキュメント、カルテデータの連携管理で計画保全の推進をサポート

中長期計画立案支援

簡易調査診断パック連携で中長期事業計画立案向けデータ生成も実現

実施計画立案支援

簡易調査診断パック連携で中長期事業計画立案向けデータ生成も実現

全国で200例以上のコンサル、情報管理システム導入実績

全国で200例以上に及ぶ自治体、各種公共団体様への導入実績やシンクタンク、コンサル企業、メーカ系企業の企画部門に対する指導・協業実績があり、担当職員の作業のみで公共施設の保全維持管理業務の自己運用が可能となる公共FMソリューションの未来進化系です。

パブリックプランシリーズ機能一覧

計画保全管理システム

  • 統合認証(LDAP)に対応したアカウント管理機能
  • 施設台帳他各種施設台帳の基本データ(テキスト、図面)連携機能
  • 公共施設単位でカルテ表示による保守・修繕現況を一度に把握する機能
  • 各種データのCSV、EXCEL出力による有効再利用機能
  • 施工実施データを改修履歴として連携再利用する機能
  • 公共建物設備にかかる仕様、事故故障、修繕履歴情報を管理する機能
  • 写真を含む各種関連ドキュメントのデータベース連携管理機能(ドキュメントの登録はローカルPCのファイルをドラッグ&ドロップで可能に!)

(クリックで拡大)

EXCELツール:AHP(階層解析法)による事業実施優先度評価

  • 説明責任の履行のため、根拠が明確になる手順を持って修理修繕実施の優先度評点評価付け実施
  • 意思決定権者が「どのような評価基準」を持ち「どのような手順で評価を行い」「どのような理由をもって決定を下し事業を執行した(する)」かという「説明責任」を関連する各所に対して明示化
  • 調査データの評価によりアカウンタビリティーに高い事業執行優先度を把握できる機能実装
  • 調査、保全データの加工により短期~中期、中期~長期の事業計画立案を支援する機能実装
  • WEB系の基本台帳、カルテデータ+ローカル PC の office 系ソフト(EXCEL)連携により全庁で部署を問わず誰でも簡単に参照、データ有効再利用が可能

(クリックで拡大)

EXCELツール:簡易LCCによる改修費用シミュレーション

  • 工事にかかる標準的類似概算明細データをコピーし、維持管理担当の作業として1棟15分程度の軽微な作業で簡易にLCC(ライフサイクルコスト)データを作成する機能(LCA設定可能)
  • WEB系の基本台帳、カルテデータ+ローカルPCのoffice系ソフト(EXCEL)連携により全庁で部署を問わず誰でも簡単に参照、データ有効再利用が可能

(クリックで拡大)

動作環境
システム稼動サーバー
【動作保障OS】
Debian GNU/Linux
【稼動可能OS:導入時は要ご相談】
Red Hat Enterprise Linux(有償)
【Webサーバー】
Apache(HTTP Server)
【データベースサーバー】
PostgreSQL
【ウィルス対策ソフト】
clamAV
※ハードウェアの導入時は稼動の可否をお問い合わせ下さい。
【WindowsOSの仮想化環境でLinuxの稼動が可能です】
Microsoft Windows 7 Professional以降のHyper-V
Microsoft Windows Server 2012 R2以降のHyper-V
※WindowsServerのHyper-V上でLinuxを稼動します。
※Hyper-Vを利用した稼動実績は多々ございます。
対応ブラウザー Internet Explorer11
Mozilla Firefox
ネットワーク TCP / IP
※運用ネットワーク上でサーバー用固定IPが必要となります。
その他
(EXCELツール等)
Microsoft EXCEL
※システムデータ出力機能、簡易調査診断パック導入時には必要となります。