BIGAL 3DViewer

官公庁ユーザー様向け3Dビューアーです。

BIGAL 3DViewerは、国土交通省 国土技術政策総合研究所 (国総研)「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)」に準拠する3Dビューアソフトです。

OCF検定「LandXMLに準じた3次元設計データ対応検定」にも合格しており、納品された3次元設計データの確認にご利用いただけます。

主な機能

3Dビュー

LandXMLやDWG/DXF図面を3Dビューで表示します。

・レンダリングモードの切り替え
ワイヤフレーム、隠線処理、シェードなどのモードを切り替えできます。

・要素の表示/非表示
DWG/DXF図面のレイヤ、LandXMLでは各要素ごとに表示/非表示を切り替えできます。
またLandXMLの各要素ごとの表示色をカスタマイズすることも可能です。

2Dビュー

LandXMLの平面線形・縦断線形・横断形状を2Dビューで表示します。

・平面線形
2Dビューで平面線形の形状を表示します。
また「主要点」「中間点」「IP点」「ブレーキ設定」の座標情報および曲線要素情報をリスト表示します。

・縦断線形
2Dビューで縦断線形の形状を表示します。
また「勾配変移点」「中間点」「地盤高」の情報をリスト表示します。

・縦断線形
2Dビューで各測点ごとの現況・計画横断の形状を表示します。
また、「計画断面」「現況断面」「塗装工」の情報をリスト表示します。

イメージ出力

3Dビューおよび平面線形、縦断線形、横断形状の2DビューをJPEG、TIFFなどのイメージファイルに出力します。

動作環境 その他

動作環境・仕様

■OS
Windows7、Windows8/8.1、Windows10(64bit版)

■入力形式
LandXML、DWG/DXF
DWG/DXFは、3Dビューへの表示のみ対応。

■出力形式
JPEG、TIFF、PNG、BMP

OCF検定「LandXMLに準じた3次元設計データ対応検定」に合格

BIGAL 3DViewerは、OCF検定「LandXMLに準じた3次元設計データ対応検定」に合格しています。

認定番号:27118040203
OCF検定についてはOCFのホームページをご覧ください。