ラスタ・ベクタ変換ツール:ラスベク変換

概要

スキャナで読み込んだラスタデータを簡単な操作で 素早くベクタデータに変換することができます。
建築・設備・土木あらゆる分野でご利用いただけます。

ラスベク変換

範囲を指定してベクタ変換することができます。

複数のラスタデータをベクタデータに一括変換することができます。
各図形の変換時の設定や精度の調整ができます。
地図、手描き図面、青焼き図面などを活かした作図を行えるようになります。

ラスベク変換の主な機能

スキャナで読み込んだラスタデータを簡単な操作で素早くベクタデータに変換します。

範囲指定変換

変換前のラスタの大きさと変換後のベクタの大きさが合うように、自動的にスケール調整します。

一括変換

ファイルシートから複数のラスタデータファイルを選択して変換します。
一括変換

変換後のデータは、DynaCAD上で編集、修正、保存を行なえます。

ラスタデータをDynaCADのカレントレイヤのカレント線種/線幅/色に変換してCADデータとして読み込みます。
範囲指定変換の場合は、カレント図面のカレントレイヤにCADデータとして読み込みます。
一括変換の場合は、指定したラスタデータ数分の DynaCAD新規図面を開き、それぞれのカレントレイヤにCADデータとして読み込みます。 
CADデータ

保存

DynaCADシリーズ図面ファイル、SFC/P21、DXF、JWWなど

仕様

ベクタ変換

変換、一括変換(複数のラスタデータを一括変換)、範囲指定変換(DynaCAD上に読み込んだラスタデータの範囲指定を行ってDynaCADのCADデータに変換)

変換可能な図形

点、線分、円弧、円。ただし寸法線、文字、ハッチ、線種(点線、2点鎖線等)は、線分として変換され、CAD上の図形要素には変換されません。必要に応じて、変換後の編集が必要です。

変換設定

1本の線に変換するラスタ線の幅や長さ、図形の歪みの補正精度設定が可能。設定内容を設定ファイルに保存可能。

変更可能なピクセル

製品名
ベクタ変換可能なサイズと解像度
スキャナ読み込み時の目安
ラスベク変換
(A3サイズまで)
5020ピクセル×3567ピクセル、300dpiまで 300dpi読み込みの場合A3
サイズ相当
400dpi読み込みの場合A4
サイズ相当
ラスベク変換
(サイズ制限なし)
制限なし。空きメモリに依存します。

色数

モノクロ2値(1bit)イメージデータのみ対応。※グレースケールには対応していません。

入力ファイル形式

BMP、TIFF(LSB G4/LSB G3/CCITT G3)、非圧縮TIFF形式
※TIFF LZW圧縮形式には対応していません。

出力ファイル形式

DCZ、DC6、DC5、DCW、SFC、DXF、DWG、JWW

動作環境

DynaCADシリーズに準じます。
DynaCAD動作環境はこちら

必要メモリ

A3サイズ以下 128MB以上推奨、サイズ制限なし 256MB以上推奨