DynaCADシリーズ 共通機能

マウス主体のイージーオペレーション

手書き感覚の用紙、スケール設定

用紙サイズと縮尺(スケール)を選ぶと、それに応じた用紙枠を画面に表示します。後は枠の中に描くだけ。印刷範囲を計算したり、試行錯誤する必要はありません。 同一図面で複数スケールの混在が可能。図面の一部だけをスケールを変えたり、レイヤごとにスケールを変えることができます。

勾配定規と同じ感覚の角度定規機能

メニューから角度を選んで線を作図。座標から角度を計算するような面倒な操作は不要です。任意の角度や現在の角度に加算する角度指定も可能です。

操作性をアップするユーザカスタマイズ機能

編集コマンドのツールバー登録。
マウスのボタンにコマンドを割り付け、最小限の動作で作図可能。

作図・編集効率をあげる様々な機能

レイアウトと編集が自由なシート

1枚の図面の中に、スケールや座標の異なる複数の図面を配置できます。シートはカレント図面に取り込まれ、カレント図面上ですべてのシートの編集が行なえます。

OLEデータの図形化機能

Excelの表枠などのOLEオブジェクトを、あらかじめベクタ化しておくと、図形として編集を行え、データ変換時にも図形として変換することができます。

図面のチェックに便利な朱書き機能(囲み、吹き出し、フリーハンド作図機能)

朱書き機能フリーハンドで図面に朱書きしたり、朱書き文字を作図できます。また、訂正が必要なところに、囲み、吹き出しを作図できます。電子納品前に発注者側でチェックした朱書きを受注者に返却したり、図面作成時のチェックや特記事項等の書き込みにご使用ください。

ラスタ編集機能

地図、手描き図面、青焼き図面や写真などを図面に活かすラスタ編集機能を使った効率良い作図が可能です。

ラスター編集

スキャナで読み込んだ図面を、大きさを指定して図面に貼り込み、DynaCAD上で簡単に編集できます。補正・トリミング後、細かいゴミを消去、さらに作図機能を使って画像の上から作図します。

5-1  ラスタイメージ

ラスター合成

大判のスキャナがない時に、A4やA3のスキャナで分割して取り込み、 DynaCAD上でつなぎあわせて、2点補正機能やラスタ合成機能を使って合成することができます。

幅広く精度の高いデータ互換

CALS/EC対応

DynaCADシリーズは、SXF Ver.3.1(sfc/p21)の入出力に対応しています。

AutoCADデータの高精度な変換

AutoCADで作成したDXF、DWG図面のOLEデータ、ラスタデータ、外部参照、レイアウトを図面に貼り付けたまま貼り込み変換できます。

データ互換の機能強化/JWW入出力対応

JW_CAD for Windows の図面ファイル(JWW 形式)の入出力に対応します。ダイアログ上の操作でポイント/用紙色など、各種設定を行ってデータ変換することができます。

イメージ挿入

JPEG、TIFF、PNG、BMP、WMF、GIFファイルの入出力に対応。読み込んだデータは自由に拡大・縮小して図面上に配置できます。

平面図面と3次元の連動

柱、壁などの図形はMALTSCAD-3Dへの変換時に高さを付けて自動的に立ち上げます。 建具コマンドで配置した建具は対応する3次元部品に置き換えます。

data

▲page top