土木機能

DynaCADの機能に加え、豊富な土木コマンド、構造図、
現況縦断図、 現況横断図、軌跡図、土量計算などの作図が
簡単に行えます。

電子野帳データ(APAファイル)読み込み

測点入力画面で、電子野帳データ(APAファイル)の座標データを読み込むことができます。

ヘロン/三斜面積計算・作図機能

○多角形の面積をヘロン法/三斜法で計算し、分割線、高さを示す線、分割番号を自動作図します。また、面積表は値を調整して貼り付けることができます。 
○ヘロン/三斜面積計算ダイアログから測定した面積表をEXCELファイル(CSV形式)に出力できます。
○ヘロン面積計算において、辺長をダイアログから入力して、求積図を作成できます。

使いやすい測量機能

図面を描くために必要な測点情報を効率よく取り込み、管理・運用できます。

○マウスでクリックした位置の測量座標を取得できます。
○測点データは、Microsoft Excelような操作で編集し、Excel形式のファイルに出力できます。また、図面上に表形式で貼り付けたり、ポイントとして配置することができます。
○座標から測点計算できます。
2線交点、2円交点の交点計算/座標変換/トラバース計算/逆トラバース計算/基準点からの距離とオフセットによりXY座標を求めるオフセット計算
○SIMAファイルの入・出力に対応し、他社の測量システムやCADシステムとのデータのやりとりも安心です。

土木用の引出線

線に沿って文字を書いた引き出し線を作図します。

傾斜文字

指定した図形に沿って傾いた文字を作図します。

土木構造図

豊富な構造物のひな型から目的のものを選択し、寸法と計算式を変更するだけで構造図と各種計算書を自動作成します。 数量表の名称・規格の変更、修正および計算式のカスタマイズをすることができ、幅広い用途での利用を実現します。

土木構造図

▲page top

軌跡図

道路構造令に準拠した設計車両区分による小型自動車、普通自動車、セミトレーラ連結車および任意緒元による車両の走行軌跡を作図します。作図ピッチを指定することによって作図密度を粗くすることも細かくすることも可能です。

軌跡図

▲page top

現況縦断図・現況横断図

作図様式の設定と現況データを入力して、現況縦断図を作成します。縦断図枠の各項目やサイズは任意に設定することができ、あらゆるタイプの縦断図様式に準じて作図することができます。

現況縦断図・現況横断図

▲page top

土量計算

断面図ごとに数量の計測および数量表の作図を行い、その数量と追加距離によって全体数量の計算書を作図します。計測箇所は色を指定して塗り表示することができます。数量の項目は追加、削除することができ、項目ごとに面積または長さの指定が行えます。

土量計算

▲page top